即日に自動車保険に加入したい時には、いくつかの方法が用意されています。無駄に時間をかけないでできる加入法保としては、保険ショップでの加入か、自動車販売店での加入、もしくは保険代理店での加入という方法です。

 

ここ数年で増加してきたのは、街中にも存在をしている、保険ショップ利用での加入手段です。保険ショップは近年よく目にするようになりましたが、代理店というポジションであるために、即日での自動車保険契約を行うことができます。

 

保険ショップは割とどこにでもあるので、来店はしやすい反面で、メインは生命保険の商品です。だからその日のうちに、自動車保険契約での対応があるかどうかは、それぞれのショップに委ねられています。

 

保険ショップで気をつけたいのは、商品としてダイレクト型のみを取り扱うショップです。ダイレクト型オンリーのショップでの申し込みになりますと、申し込みは出来ても保険スタートは次の日からになります。出かけて行く前に、ショップへ電話を入れてみて、保険の種類や内容は問い合わせをするべきでしょう。

 

保険代理店を利用する方法もありますし、知り合いなどなにか縁がある代理店があるなら、相談をしてみることです。現金払いにこだわらないで、クレジットカードでの支払いや、銀行口座支払いでの申し込みであれば、サインや印鑑などを使い、それだけで保険の補償をスタートさせることが可能です。

 

見積を作成する手間などがあり、車検証を送るなどして申し込みの書類を作成となるので、即日となると少々大変かもしれませんが、相談する価値はあります。代理店の場合だったら、その日の契約もできます。

 

自動車を購入した自動車販売店に来店をして、申し込みをするケースはとても多くあります。自動車購入をしているので、情報自体も把握しているために、申し込みもスムーズに進みやすいです。損保会社の代理店の自動車販売店は多いので、即日であればまずは相談をしてみるといいでしょう。